島さんの書評ブログ

読書はアウトプットまでが読書

幸せは金でしか手に入らない。ーインベスターZ

インベスターZ

 

僕が本「株の学校」を読むきっかけになったマンガです。

兜町の東証アローズに行ったときに、すごい紹介されていて知りました。

 

授業料無料の名門中学に入学した財前が学校の運営を任された投資部に

入部させられて、初心者から一流のトレーダーになっていく物語です。

これがマンガと思いきやなかなか本格的でお金のことばかり考えている

人は良くないみたいな印象ですが(僕は一回も持ったことないし、むしろ憧れている)

お金ってホント自由になれる唯一の方法なんだなって思いました。

 

幸せは金でしか手に入らない。

これは僕がこのマンガで一番印象に残っている言葉ですね。

昔から人はお金がないために、子供を殺したり

娘を遊郭に売り飛ばしたりしています。現代でも給料のために

会社の命令には逆らうことができず、会社に貢献できなければ

減給や退職に追い込まれることもありますね。

お金を与えてくれるものにしばられてしまう。

 

現在私は無職で、来年からはどこかしらの会社で正社員として

働くまで、貯金を切り崩しながら2か月程生活しています。

(内定はいただいていますが、まだ他社も受けています)

それまでは仕事ってお金以外にもなんといいますか

「絶対しなくちゃいけないこと」「やめちゃだめなこと」の

位置づけだったのですが、無職になって「なんだ仕事しなくてもいいんじゃん!」

って感じです。

要はお金さえ稼げれば、別に会社員じゃなくてもいいんだ!って気が付きました。

会社員→お金を稼ぐ手段の一つでしかなかったことに気づかせてくれました。

まだ、会社に属さないでお金を稼ぐ力はありませんが、それだけで

視野が広がって、世の中は会社員だけじゃない!って思えるようになりました。

文章書いてたら、ヒートアップしてきちゃいました。長々とすいません。

幸せは金でしか手に入らない。この言葉にマンガの著者はここまで

深い意味を持って書いたつもりはなかったかもしれません。

僕にはすごく前向きになれるすごくインパクトを与えてくれたマンガでした。

 

学んだこと

・何かを成し遂げる時、成功するときは、やらないことをやらない

 切って離すとはっきり決めたときなんだ。

 

・投資を全般的に勉強できる。

・一般的に常識とされることの多くは、常識ができた時代のものか

 一部の人にとってのみ都合のいいもので、必ずしも今にも当てはまらない。

 ・ゴールドラッシュ時代に金を彫ったやつに金持ちはいない

・感情をしんじるな。自分の上に法則をおけ

・株は入り口にあらず、出口にあり

・投資とはいかにミスをしないかだ

・円安による輸出好調で儲けたやつは誰か。

 それは円高の時に輸出関連を買っていたやつだ。

 円高の時にボロ株と言われた輸出株をせっせと集めていたやつだ。

・愚か者にも経営を任せられる会社を買え。いつかは愚か者の経営者があらわれるから

・分散投資しない

・人々が自分の得意分野で出来るだけ長く働けば、社会は富むーバフェット

・リスクとは自分がなにをやっているかわからない時に起こる

・株はでっかい市場を狙え

・家康が出した結論は国全体を「そこそこ貧乏」な状態で統治すること。

 貧困だと暴動が起き、裕福だと権力を奪おうとするから

 お金は持たせない代わりに、武士には身分が一番高いというプライドを持たせた。

・他人と相談して買う株を決めない。忖度してしまうから。

 決めるのは全て自分。責任は自分で背負う。

 「相談しようとするとき、私は鏡を見る」ーバフェット

・みんなが出資するといったらしない。出資しないといったらする。

 イノベーションはみんなの反対から生まれる。これは絶対の真理。

・大手は群れていて、ベンチャーは単独。

・ベンチャーとは誰よりも先に海に入り、大量に魚を食べることができる。

・ベンチャーの強みは試して失敗できること。

 大手は誰が責任を取るか?で、結果リスクはとらない。

・投資家は勝った負けたで企業を判断しない。その企業の事業

 ミッションステートメントを永遠に応援したい企業に投資(応援)するのだ。

・「わたしが遠くまで見渡せているのは、巨人の肩に乗っているからです。」

 ーニュートン

・江戸幕府は固定的身分制度、商業軽視、米本位制、

 鎖国、成長と発展が全く望めない経済原則。

・貧乏こそ諸悪の根源。貧乏は絶対に不幸なのだ。

・マーケティングでは、鳥の目、魚の目、虫の目で見なければならない。

 ミクロとマクロ

・「戦争は買い」第二次世界大戦勃発時や日米開戦時も株価は上昇している。

・楽観的で自主性がないのが日本人の特徴だ。

 →戦後の日本はアメリカ人を恐れることもなく

  指示されたことを疑うこともなく、たんたんと仕事をしたから

  高度成長した。

・資産家は恐慌時に生まれる。

・善悪ではなく損得で物事を考えろ。

・美人の隣に座れるのは、美人に告白した男だけ。

 告って相手にされなかったら別の美人にアタックすればいいんだよ

 大事なことは行動だけ。

資本家達が労働者達を働かせるために社会に流した

 最もらしい価値観に騙されている。そんなものを真に受けて

 仕事に生きがいや成長を求めて身を粉にしていたら、資本家の思うツボ。

・売るべし買うべし休むべし

・元手が少ないなら、トレーダーになれ

・商人道。欲を出すな。利益より信頼優先。

・人が作る規律とは、赤い褌(ふんどし)だ。旗印だ

・投資とは己を知ること。そして自分を知ること。

・臆病な人の投資法とは1に分散、2に長期、3に低コスト。

・恋愛の成功の秘訣はただひとつ。「自信を持つこと」これ以外にありません。

・貯金はあくまで「小さくコツコツ」が鉄則です。

 このルールを自分に徹して貫いた人が成功します。

・自分のルールに忠実に。20%でリカク、10%で損切りとか。

 

余談ですが、「孫氏の兵法」とか名作をマンガにしたシリーズって

結構ありますよね。どんどん活用したほうがいいと思います。

読書って短期間で一気に読んだ方が、記憶が抜けにくい印象ですね。

おそらく本を買った時が一番モチベーション上がってて

その勢いのまま読んだ方が面白いし、途中から読むときも忘れてないから

効率もいいのでしょう。つまんないまま読んでも忘れてしまうから

自分に身につかないし意味ないでしょうね。

マンガだと絵もあるから、飽きずに読めていいですね!

読書は楽しく読みましょう!!

 

まだまだいいこと書いてあるんで、ぜひ読んでみてください!!

インベスターZ(1) (モーニングKC) [ 三田紀房 ]

価格:616円
(2018/12/18 23:02時点)
感想(6件)

 ↓↓株投資もやってるので宜しくお願いします。↓↓

www.shimakabu.com

島達也 (@shima_tatsuyaf) on Twitter

>↓↓株投資もやってるので宜しくお願いします。↓↓

www.shimakabu.com

島達也 (@shima_tatsuyaf) on Twitter